setupapi.dllファイル

setupapi.dllファイル

dll#DLLファイルとは、複数のアプリケーションを実行するのに必要となる共有ライブラリのことです。プログラムを起動中にsetupapi.dllファイルのエラーもしくは存在しないというメッセージが表示された場合は、新しいバージョンをダウンロードし、それを該当するプログラムのインストールディレクトリに入れなければなりません。そのためには、以下にあるsetupapi.dllファイルへのリンク先を全て参照しましょう。該当するカテゴリを選択し、オリジナルバージョンまたは圧縮バージョンを必要に応じて選択しましょう。setupapi.dllファイルの圧縮バージョンを選択した場合は、アプリケーションのディレクトリにコピーする前に任意のプログラムを使ってそれを展開しておくことをお忘れなく。

ファイルの種類: Windows Setup API
サイズ: 315,77 Kb
カテゴリー : windows xp

圧縮ファイルをダウンロードしてください 7z または元のファイル Download

サイズ: 333,27 Kb
カテゴリー : Generals

圧縮ファイルをダウンロードしてください 7z または元のファイル Download

ファイルの種類: Windows Setup API
サイズ: 0,94 Mb
カテゴリー : windows xp

圧縮ファイルをダウンロードしてください 7z または元のファイル Download

サイズ: 1,45 Mb
カテゴリー : Windows XP x64

圧縮ファイルをダウンロードしてください 7z または元のファイル Download

サイズ: 1,81 Mb
カテゴリー : Windows 7 64bit

圧縮ファイルをダウンロードしてください 7z または元のファイル Download

setupapi.dllファイルをダウンロードしたら、次に何をすればよいのでしょうか?

必要とするアプリケーションがそれを使用することができるよう、適切なフォルダにそれを配置する必要があります。そのためには、次の手順を実行します。

  • setupapi.dllファイルのエラーメッセージが表示されたプログラムのアイコン上でマウスを右クリック
  • オプションから「プロパティ」を選択
  • アプリケーションがインストールされているフォルダへのパスを見つける。そのフォルダにダウンロードしたsetupapi.dllファイルをコピーするだけで完了です。

setupapi.dllファイルに関する問題がまだ解決しない

対処法があともう1つあります。setupapi.dllファイルをプログラムのフォルダにコピーしてもエラーメッセージの表示が消えない場合は、それを次のいずれかのフォルダにコピーしてみてください:

  • オペレーティングシステム: Windows 95, 98, and Me – C:WindowsSystem
  • オペレーティングシステム: Windows 2000 and NT – C:WINNTSystem32
  • オペレーティングシステム: Windows XP, Vista, Windows 7, Windows 8 – C:WindowsSystem32



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする